ホルモン剤の効果はどのくらい長続きするの?

ホルモン剤の効果はどれくらいの期間続くのか?人によって効果は異なるのか? - ホルモン剤の効果はどのぐらい長続きするの?

新着情報

●2016/06/20
ホルモン剤の効果はどのぐらい長続きするの?の情報を更新しました。
●2016/06/14
当サイト更新担当者の情報を更新しました。
●2016/06/14
食品添加物とホルモンバランスの関係の情報を更新しました。
●2016/06/14
発がん性物質とホルモン剤についての情報を更新しました。
●2016/06/14
女性ホルモン分泌に効くヒーリング紹介の情報を更新しました。

ホルモン剤の効果はどのぐらい長続きするの?

食べ物や化学物質または、生活のストレスなどからホルモンのバランスを崩してしまっている人は多く、病院へ行けばまずはホルモン剤を処方されるようです。
一度崩れてしまうとなかなか元に戻らないのか?
又はホルモン剤の投与で効果はすぐに発揮されるのか気になると思います。
ホルモンバランスの安定や、ホルモン剤の効果の持続性について考えてきましょう。

ホルモン剤の効果

ホルモン剤の種類としては一般的に錠剤が多く、一日に医者から指定された分だけ飲む方法です。
頭痛やめまいがマシになるというような効果でしたら早い人で二週間目くらいからで、他、一ヶ月、三ヶ月、それ以上の人もいます。
また、ホルモン剤の特徴として効果が出始めたとしても医者に言われた分は飲み続けるという点です。
それは効いてきているの途中で飲むのを止めてしまって、また症状が出てきてしまう可能性があるからなのです。
他、症状が和らいでくると、少しずつ飲む量を減らしていくという方法もあり、これも全てホルモン剤を処方した医者に決めてもらう事になります。

続けて検診に行く

一度病院へ行って、検査をしてホルモン剤を処方され、効果が見られなかった場合、病院へ行く事をストップしてしまう人もいます。
しかし、そこで止めてしまえば何の進展にもならず、改善へ進めませんよね。
効果が見られなかった場合でも、少しの効果しか得られなかった場合でもその状態を医師に伝える事も大事なのです。
ホルモンの分泌が低下しているので、ホルモンを作る器官を強くしてあげないといけませんよね。
たとえば、転けてしまった場合、皮膚から血が出て、血が止まり、かすり傷が出来て、それがかさぶたとなり、綺麗な元の皮膚に戻るまで時間がかかりますよね?
これは目に見える傷だから、完治までの過程が見えるので、治るまで薬を塗ったりなどの手当てをします。
ホルモンバランスの低下も同じく、弱った器官を元の状態に戻してあげるまでには時間がかかるのです。
それを前提に治療に取り組んでいく必要があるのです。

ホルモン治療中にできる事

相乗効果という言葉、聞いた事ありますよね?
ホルモン剤を投与したからといって、不健康な生活をしているとなかなか効果は見られないものです。
弱った器官を強くしないといけないのに、偏った食生活や、生活習慣を乱していては効果が遅れてしまう可能性もあるのです。
ホルモン剤を投与しているから何をしても大丈夫!という考えは間違っており、不健康な生活は効果を遅らす手助けになりかねません。
せっかくホルモン治療に取り組むのだ!と決めたからには生活を正し、オーガニックな食生活や植物などの自然を用いた洗剤などを使っていくことが、相乗効果になるのです。

効果を持続させる生活

rths
健康である為には、何が大切なのか?という事は治療をはじめ、生活を正し、効果が出た時に分かるものです。
ずっとホルモン剤を飲み続ける事よりも、効果を長続きさせる為の生活習慣を身につけることが如何に大事かが分かります。
人は一度身につけると自然と出来る、学べる生き物ですので、病院へ通わなくてもよい健康な体作りに専念出来るのです。
一度効果を実感出来るとそれは自信に結びつき、健康であることのありがたさ、どうしても困った時に助けてくれる医者のありがたみを感じ、出来るだけ自分で改善する方法を見つけ出していけるといいですね。
なのでホルモン剤の効果の持続は自分の健康維持への頑張りと比例しているという事が明らかなので、挫けずに前向きに治療に取り組むとよいでしょう。