サービス業などで重要な事は、人材全般の情報サイトです

SITEMAP

目立たないものをつけておくほうが無難

レストランやカフェ、そしてに限らず、いろんな接客業で共通して言えることは、マナーや言葉づかい、身だしなみには十分に気をつけなければならないということです。レストランには、お店にもよりますが、下は子どもから、上は年配の方まで幅広い年代の人が食事をしにくるわけです。どんなお客様が来てもおかしくないわけですから、不快に思われないような身だしなみを心がけましょう。
おそらくほとんどの飲食店では、髪が長い人は髪の毛が料理につかないように、髪の毛が落ちて料理に混入しないように、まとめるのが基本です。お店によっては帽子をかぶるところもあります。また、髪の色やアクセサリーをつけていいかどうかなどお店によって違ってきますが、より好感が持てるものというのは地毛で、アクセサリーはつけないか、目立たないものをつけておくほうがいいです。働き始める前に、一度、責任者の人に確認しておきましょう。

マナーや言葉づかいは正しく

言葉づかいを正しく使うことや、マナーを身につけるというのは、初めは難しいと感じるかもしれませんが、普段から気をつけていれば自然と正しく身につくものです。そのうち意識しなくても自然とできてくるものなのです。だからこそ、正しく覚えていかなければなりません。

例えば、言葉づかいです。あなたがレストランやコンビニなどで接客をしてもらったときのことを思い出してみてください。「○○でよろしかったでしょうか。」「○○になります。」など、聞いたことはありませんか?これは誤った接客用語の代表格とも言えるものですが、こういった言葉を使っている人は本当に多くいるのです。正しくは「○○でよろしいでしょうか。」「○○でございます。」というのが正しい言葉づかいです。
正しい日本語、きれいな言葉づかいというのは、決して相手を不快にさせることはないでしょう。もし、正しい言葉づかいが解らなければ、そこで働いている先輩に聞くのが一番手っ取り早いですが、一番安心なのが自分で調べて覚えることです。最近では正しいビジネス用語、言葉づかいやマナーといったことがまとめてある本が多くあるので、そういったものを活用してもいいかもしれませんね。

このページのトップへ

Copyright(C) サービス業などで重要な事 All Rights Reserved.